ファミリーバイク特約が付けられるバイク保険

バイクの保険 ファミリーバイク特約

家族に原付バイク利用者がいる場合、セカンドバイクで原付を利用する場合に、自動二輪保険にファミリーバイク特約を付けるのがお得であることはあまり知られていないかも知れません。

原付であっても単独のバイク保険だとそれなりの保険料が必要になりますが、この特約なら5千円~1万円程度で済みます。


◎ファミリーバイク特約のメリット

・家族の誰であっても本体自動二輪保険と同じ補償(搭乗者傷害を除く
・別居している子供でもOK、借りた原付でもOK
・年齢制限も無く、原付の事故があっても本体の等級には影響無し


自動車保険や自動二輪保険の中で、これほどメリットの大きい特約はほかにないと思います。



人身傷害型のファミリーバイク特約もある

バイクの保険 ファミリーバイク特約

大変メリットの大きいファミリーバイク特約ですが、注意点があります。

それは、通常の(自損型の)ファミリーバイク特約では、搭乗者傷害保険が除外されているということです。

運転者か同乗者が事故で怪我をした場合、ファミリーバイク特約だけでは治療費の補填ができず、この点はあらかじめ注意が必要です。

ファミリーバイク特約には、「自損型」「人傷型」とがあります。

「自損型」は、上記のように搭乗者傷害が補償されないタイプで、
「人傷型」は、主契約の任意保険に人身傷害補償保険が付帯している場合に選択でき、
運転者や同乗者のケガも補償するというタイプです。

人傷型を選択すれば搭乗者傷害保険が除外されるというファミリーバイク特約の唯一の短所をカバーすることができます。

ただし、全ての保険会社でこの「人傷型」が選べるわけではなく、現在のところ、最初から自損型であるか、人傷型であるかが決まってしまって場合も多いようです。

また、当然ですが「人傷型」を選択すればその分保険料が高くなります。



原付バイクを利用するなら迷わずにファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約ほどいいこと尽くめの特約は珍しいでしょう。

特に2台目バイクとして原付バイクを利用するような人には必選の特約でしょう。

自動二輪保険のある家庭で原付バイク利用者がいるなら、迷わずにファミリーバイク特約を検討するべきでしょう。


自動二輪保険の「ファミリーバイク特約」は、125cc以下のバイクを運転するご家族のどなたでも、対人・対物・自損事故について補償を受けることができます。

この特約をつければ、対人・対物事故では自動二輪保険の主契約と同額(主契約が無制限であれば無制限)、自損事故では各社それぞれの取り扱いにより保険金額が支払われるというものです。


通販・リスク細分型であれば、リーズナブルな価格の自動二輪保険に、セカンドバイクや家族の原付通勤・通学の安心が上乗せされるという「一石二鳥」を実感できるでしょう。



原付とは~原付バイクの知識

■原付とは

「原付」とは、「原動機付き自転車」の略称です。

「原動機付自転車」は運用する法律によって排気量の定義が異なっています。

道路交通法では50cc以下が原付とされていますが、
道路運送車両法などでは125cc以下が原付と定義されています。


これらを区別するために通常は、

  • 50cc以下を「第一種原動機付自転車(通称:原付一種)」
  • 50cc超125cc以下を「第二種原動機付自転車(通称:原付二種)」


  • と呼ばれています。


    ■50cc以下の第一種原動機付自転車(通称:原付一種)

    乗車定員は1人で、2人乗りは禁止、交差点で二段階右折が必要とされる場合があります。
    乗車にはヘルメット着用が義務付けられています。

    制限速度は時速30kmとされ、もちろん高速道路の走行はできません
    運転免許は原付、普通二輪、大型二輪、普通、中型、大型のいずれかを持っていれば運転できます。


    ■50cc超125cc以下の第二種原動機付自転車(通称:原付二種)

    原付二種(小型自動二輪)は小型自動二輪という登録を受け、大型自動二輪、普通自動二輪、普通自動二輪(小型限定)、の各免許で乗ることができます。
    50cc超90cc以下のものが「乙種」、90cc超125cc以下のものが「甲種」で、この区分によって納税額が違ってきます。

    車検不要の車両となっているので、自賠責に入る必要があります。
    自動二輪の扱いなので「自動車」の一種となり、原付とは適応される表示、標識に違いがあります。



    このページの先頭へ